2月22日は行政書士の日。
わたし (2)
和歌山県行政書士会でも、無料相談会を開催いたしました。
やはり多いのは相続に関する相談です。

今回は、被相続人の残した連帯債務について、相続放棄・限定相続すべきか否か、どう判断するべきか助言し、また行方の知れない共同相続人のうちの一人について、どのような手続きを取るべきかなどをアドバイスさせていただきました。

相続に関する相談はこれからどんどん増えていくことでしょう。
それは、相続税対策のみに留まりません。
私共行政書士の得意とするところは、民法に定められた相続の手続きです。
私も業務の中で、在日外国人の相続手続や日本国籍を離脱した相続人の相続手続きなどの相談も増えております。また、近年行われている地積調査により判明する「何代も前から未相続の土地」についての相談や農地のままで建てられた住宅の相続についての相談などもあります。これらの一部は当事務所ホームページにも掲載し、今後もそのコンテンツを増やす予定でありますが、相続について、その事情に応じた個別具体的なご相談については、ぜひ個別にご相談・お問い合わせ下さい。お待ちしております。

・主な業務
許認可申請(建設業、産業廃棄物収集運搬業、風営法/スナック・ラウンジ開業、農業、倉庫業、警備業、古物商、道路使用)経営事項審査、入札資格審査、事業承継、相続・成年後見
・主な業務地域
和歌山県(和歌山市、岩出市、海南市、有田市、紀の川市、有田川町)
大阪府(泉南市、阪南市、泉南郡、泉佐野市)
・神山和幸行政書士事務所 073-460-5478